ホーム
サイトマップ
どんな人達が働いているのか、見て行きましょう。

裁判官

裁判官は、法律を適用して宣言し、裁定する司法権を行使して、裁判を行う官職に就いている人のことを言います。裁判官は、最高裁判所の裁判官と、下級裁判所の裁判官に大きく2つに分けることができます。国家公務員法によって、特別職の公務員とされています。 裁判官は法廷で黒い法服を着ていますが、これは『どんな意見にも左右されない』『どんな色にも染まらない黒』という意味からきています。女性の裁判官の場合、法服にリボンをつけることができます。

最高裁判所裁判官

最高裁判所の裁判官は、憲法79条1項、裁判所法5条1項、3項により、最高裁判所長官1名と、最高裁判所判事14名で構成されます。

任命

最高裁判所長官は内閣が指名し、天皇が任命します。最高裁判所判事は内閣が任命し、天皇が認証します。 最高裁判所の裁判官は、物事を正しく見分ける力があり、優れた意見を持つ見識の高い者で、年齢40歳以上の法律の知識がある者の中から任命されます。そのうち、10人は以下の通りでなければいけないとされています。

  1. これまで10年以上判事か高等裁判所長官の職にあった者
  2. 通算20年以上、高等裁判所長官、判事、簡易裁判所判事、検察官、弁護士、法律学の大学教授、准教授の職にあった者

以上のように裁判所法41条に定められています。実際には、下級裁判所の判事、弁護士、大学教授、行政官、外交官などからバランスがとれるように配慮がされていて、前任者と同じ出身から指名されることが多くなっています。

下級裁判所の裁判官

東京高等裁判所下級裁判所の裁判官は、憲法80条1項、裁判所法40条1項により、最高裁判所が指名した者の名簿から、内閣が任命することになっています。高等裁判所長官は、天皇から認証を受けます。下級裁判所の裁判官は、任期を10年とされていますが、そのほとんどは任期終了後に再任されています。

定年は65歳とされているのが高等裁判所、地方裁判所、家庭裁判所で、簡易裁判所は70歳になります。 下級裁判所の裁判官になるにはまず司法試験に合格していなければならず、司法研修所で司法修習を終了し、法曹資格を得て判事補になり、10年の実務経験後に判事になり、裁判官としてのキャリアを重ねていきます。裁判所と検察庁とのつながりから、検察官から裁判官になる者や、弁護士から裁判官になる者もいます。

高等裁判所長官

高等裁判所長官は、高等裁判所における裁判官の長になります。任命される資格は判事と同じになります。

判事

高等裁判所、地方裁判所、家庭裁判所の裁判官です。裁判所法42条により、通算10年以上、判事補、簡易裁判所判事、検察官、弁護士、裁判所調査官、司法研修所教官、裁判所職員総合研修所教官、法律学の大学教授・准教授の職にあった者の中から任命されます。

判事補

地方裁判所、家庭裁判所の裁判官です。裁判所法43条により、司法修習生の修習が終わった者の中から判事補が任命されます。裁判所法27条、31条の5により、判事補は原則として裁判を1人で行うことは認められておらず、同時に2人以上合議体に加わることが出来ません。また、裁判長になることもできないという職権の制限があります。

簡易裁判所判事

簡易裁判所に配置される裁判官のことです。広く人材を求めるため、簡易裁判所の判事は法律の専門家でなくても選任される場合があります。詳しくは【簡易裁判所】の『簡易裁判所判事』の項目を参照してください。

ページの先頭へ
裁判所の種類
働く人達
何をする所?
Yahoo!ブックマーク Google Bookmarks はてなブックマーク niftyクリップ livedoorクリップ del.icio.us