ホーム
サイトマップ
裁判所とは何をするところなのでしょうか。

裁判を傍聴する

裁判所では、刑事の公開手続、民事の口頭弁論を公開するのが原則とされていて、希望者は誰でも裁判を傍聴できることになっています。かつては傍聴中にメモをとることは禁じられていましたが、現在では認められています。

裁判を傍聴するには

基本的には裁判所に行き、事前に申し込まなくても法廷が開かれていれば裁判を傍聴できます。傍聴人入り口の扉から入って傍聴席に座るだけです。裁判の内容は、開廷表という裁判の予定表が法廷の入り口に掲示されていますので、見ると何の裁判が行われるのかが分かります。

裁判所によっては、玄関に全ての法廷の開廷表を備え付けているところもあります。多人数のグループで傍聴する場合は、事前に予約が必要となる場合もありますので、裁判を傍聴したい裁判所の傍聴案内を調べる必要があります。

傍聴するときの注意

年齢を問わず、多くの人が裁判の傍聴に訪れますが、マナーを守れない人も多く、周囲の人を不快にさせるだけではなく、裁判そのものを中断してしまうことにもなりかねませんので、傍聴するときはきちんとマナーを守らなければいけません。法廷の入り口に注意事項が掲示されているはずですので、きちんと守るようにしましょう。

また、裁判長の命令や、裁判所職員の指示にはきちんと従うようにしましょう。裁判官が入廷するとき、承認が宣誓するときは起立しなければいけませんので、号令がかかったら、きちんと立ち上がりましょう。

やってはいけないこと

法廷内では大声を上げたり、他の傍聴者と話したり、大きな音を立てたりするのは審理の妨げとなりますので絶対にやめましょう。また、裁判が始まっていないからといって、傍聴席でお喋りしたりするのもやめましょう。傍聴席についたら、静かに開廷を待ちます。

携帯電話などはマナーモードにするのではなく、確実に電源を切りましょう。また、許可なく撮影や録音のできる機械を法廷内に持ち込むことも禁止されています。 服装は決められていませんので、ラフな恰好でもかまいません。ですが、鉢巻をしたりゼッケンやたすき、腕章の着用などはしてはいけません。常識ある節度のある態度で傍聴しましょう。

傍聴が終わったら

裁判が閉廷し、法廷を後にするときに注意しなければいけないのが、たった今傍聴してきた裁判についてアレコレ話さないということです。もしかしたら裁判にかけられている被告人の身内の人がいるかもしれませんし、被害者やその身内の人もいるかもしれません。誰もが真剣に裁判に臨んでいるので、閉廷したからといって、おもしろおかしく話しながら退廷するのはよくありません。

傍聴券

社会的に有名になった事件の裁判では、傍聴希望者が殺到することがほとんどです。原則として誰でも裁判を傍聴できるのですが、傍聴希望者が多数の場合、傍聴券が交付されます。傍聴券の交付は、事前に裁判所が指定した場所に、集合時間までに行く必要があります。裁判所のホームページで、傍聴券を交付する事件について掲載されていますので、そこに掲載されている場所に、時間までに行くようにしましょう。

団体での傍聴

裁判所や裁判の仕組みをよりよく知ってもらうために、団体での傍聴が出来ます。内容が把握しやすい刑事裁判がいいでしょう。団体で傍聴可能な人数は、法廷の大きさや一般の傍聴者、報道関係者の人数によって代わりますので、事前の問い合わせと確認・予約が必要です。

また、原則として開廷中の退室は禁止されていませんが、一般的にマナーとして退室しないのが常識になっています。ですが、団体傍聴の場合は、審理に影響を与えてしまうため、途中での入場・退場を断っている裁判所がほとんどですので注意が必要です。

ページの先頭へ
裁判所の種類
働く人達
何をする所?
Yahoo!ブックマーク Google Bookmarks はてなブックマーク niftyクリップ livedoorクリップ del.icio.us