ホーム
サイトマップ
裁判所に足を運ぶ機会があるかもしれません。

裁判所

普段中々足を運ぶ機会がない裁判所ですが、裁判員制度が始まり、もしかしたらこの先足を運ぶ機会があるかもしれません。裁判員の名簿に記載されたと通知がきてから慌てないように、裁判所について事前に知識を身につけておきましょう。これからは、私たち一般人も、関わっていく世の中になるのです。

裁判所の種類

最高裁判所裁判所には種類があり、それぞれ扱う事件の程度が違います。私たちの生活に密着しているものから、大きな罪を犯して控訴していかなければ行くことのない、普段私たちには縁のないものまで、それぞれがそれぞれの役目をしています。

裁判員制度と関係のあるのは、地方裁判所になります。また、生活の中での揉め事や、離婚問題などではもしかしたら裁判所に足を運んだことのある人もいるかもしれませんね。それぞれ詳しく見て行きましょう。

働く人達

働く人達裁判所では、中で働いている人が大勢います。職員の人もいれば、弁護士などの外から来ている人もいます。敷居が高く感じる場所でもありますので、中で働く人もお堅くて怖いイメージがあるかもしれませんが、そんなことはありません。中は立ち入り禁止の札がなければ誰でも入ることが出来ますし、法廷も誰で

も傍聴できるようになっています。一度、どんな人達が働いているのか、見学に行ってみるのもいいかもしれませんね。

学生さんなどは、社会見学も兼ねて行ってみてはいかがでしょうか。事前に連絡を入れていれば、案内してくれるかもしれませんよ。また、裁判員に選ばれるようなことがあれば、自分も法廷の中で裁判官の隣に座って審理に参加することになります。 それでは早速、どんな人達が働いているのか、詳しく見て行きましょう。

裁判官】 【職員】 【検察官】 【弁護士】 【裁判員制度

何をする所?

福岡地裁303号法廷の傍聴席裁判所は何をするところなのでしょうか。呼んで字の如く、裁判をするところですが、それだけではありません。様々な手続きも行っています。ここでは主に民事や刑事の裁判や、申し立てに関することを紹介していきます。また、誰でも開かれている法廷を見学できる、傍聴についても取り上げています。

自由に見学することができますので、1度裁判を傍聴してみてはいかがでしょうか。いつか自分が裁判員に選ばれたときの参考になるでしょう。ただし、裁判に臨んでいる人達は皆真剣だということを忘れずに、マナーを守って傍聴しましょう。

ページの先頭へ
裁判所の種類
働く人達
何をする所?
Yahoo!ブックマーク Google Bookmarks はてなブックマーク niftyクリップ livedoorクリップ del.icio.us
函館カルチャーナイト2014 地方裁判所編